So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

ウェブマスターツール リダイレクトされました [Google]

Googleの無料サービスの一つに『ウェブマスターツール』というものがある。


グーグルのヘルプには『Google 検索結果でのサイトのパフォーマンスを監視し、維持できる(サービス】』と書かれているが、これだけだと抽象的すぎてさっぱり分からない。

ってことで、主にウェブマスターツールでボクが使っている『Fetch as Google』という機能について説明していこうと思う。

Fetch as Google


『Fetch as Google』とは簡単に説明すると、Googleの検索インデックスに新しく作ったページを登録する機能だ。

あなたがブログで新しい記事を書き保存して公開しても、すぐにはGoogleのクローラーは巡回しに来てはくれない。

それをこちらから『新しく作成したページのURLは○○だから、検索インデックスへの登録をよろしくね!』と依頼するのが『Fetch as Google』である。

これを通常であれば数日後にインデックスへ登録されるものが、数分から数時間で登録される可能性が高い、


Fetch as Googleで新たなエラー発生!「リダイレクトされました」


グーグルの方でURLの獲得に成功してくれれば「完了 インデックスに送信されたURL」というメッセージが表示される。

中には、まだページの作成が完了していないにも関わらず、Fetch as Googleを走らせてしまうと「一時的にアクセスできません」と表示されてしまうが、これはしばらく(3分ほど)時間を置いて、もう一度Fetch as Googleを走らせれば問題なく完了するだろう。

しかし今回は見たことが無いメッセージが表示されてしまった。それが
リダイレクトされました
というメッセージだ。

これは一体…


エラー「リダイレクトされました」の原因とその意味


「リダイレクトされました インデックスに送信された URL」と表示された画面が次の画像だ。

redirect.jpg

これを見ただけでは、チンプンカンプンなので、そのメッセージの行をクリックしてみる。

redirect2.jpg

するとみなさんにも原因がハッキリ分かっていただけたと思う。そう「インデックスに送信したURL」と「このURLのリダイレクト先(のURL)」が異なっているのだ。

今回は記事を保存したかった先のディレクトリが間違っていた(/apoplexy/は間違い)ので、正しい保存先である"/rehabilitation/kawahira/"ディレクトリに記事を保存し直して、再度Fetch as Googleを走らせたら問題なく処理は完了した。

リダイレクトとは、つまりリクエストのあったURLと異なったURLに移動したということらしい。
nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:パソコン・インターネット

nice! 1

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。